サンドブラスト、ウェットブラスト等ブラスト加工の有限会社ユーツー|埼玉県八潮市

バイク・車の加工の種類

塗装前処理加工

光沢処理加工

半光沢処理

ウェットブラスト

使用研磨剤は主にアルミナになり、加工できる材質は鉄・ステンレス・アルミ・ガラス等色々なものに対応しています。

 

塗装やサビ・汚れをを剥離させ、接着面を粗し塗装ののりを良くすることができます。

油分等が剥離されるため脱脂や下地の足付けが不必要となりすぐに塗装できる状態になります。

※加工後は素手で触りますと油分や汚れが付 くとともに再度脱脂が必要になります。また、表面が大気にさらされ、酸化が進みますので早めに塗装などのコーティングが必要になりますのでご注意ください。

使用研磨剤はアルミナ+ガラスビーズで、加工はステンレスやアルミなどの非鉄金属に対して有効です。

※鉄への加工は錆が発生してしまうので当社ではお勧めしておりません。

   

塗装前処理加工の後にガラスビーズを使うことにより、本来のアルミ肌と違った光沢を出すことができます。主に美 装を目的とし、外見はシルバーで塗装したような仕上がりになります。

また、アルミ特有の白サビをでにくくすることができます。


使用研磨剤はアルミナ+ガラスパウダーで、 加工はステンレスやアルミなどの非鉄金属に対して有効です。

冷却効果を高めアルミ特有の白サビをでにくくすることができます。          

  外観は塗装前処理と類似しております。

 

※鉄への加工は錆が発生してしまうので当社ではお勧めしておりません。
   光沢処理に比べ汚れが付きやすくなります。  

ウェットブラストはサンドブラストに比べると切削能力が弱く、水を使うことにより通常のサンドブラスト機では使用できない微小な研磨材を使うことにより、表面をサンドブラストほど荒らすことなく加工できます。

ケミカル類ではなかなか落ちない燃焼室のカーボン、キャブ内部の汚れ取りやバフがけの前処理としてご利用いただいております。       

   

        

※ご注意ください

エンジンパーツ 類は全てバラバラの状態での加工となります。

加工はステンレス・アルミ・真鍮等非鉄金属に対して有効です。

鉄への加工はサビが発生してしまうので、シリンダーやヘッドのバルブ周りの鉄部分に関してはサビが発生した場合、交換や内燃機加工等の後処理が必要になる場合があります。

鉄部分のサビ発生を抑える為に加工後の全ての品物にオイルを塗布しておりますので使用前に必ず油分を洗浄してください。

切削能力が低い為、塗装の状況によっては剥離剤を使う場合がある為ゴム類等が使用できなくなる恐れがあります。

ベアリングは再使用できません。(マスキングをしても研磨材が混入してしまう為)


   
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明