ウェットブラスト

画像

ウェットブラストはサンドブラストに比べると切削能力が弱く、水を使うことにより通常のサンド ブラスト機では使用できない微小な研磨材を使うことにより表面を荒らすことなく加工ができます。
ケミカル類ではなかなか落ちない燃焼室のカーボン、キャブの内部の汚れ取りや、バフがけの前処理としてご利用いただいております。




※エンジンパーツ類は、すべてバラバラの状態での加工となります。
※加工は ステンレスやアルミなどの非鉄金属に対して有効です。
※加工後にオイルを塗布しておりますので、使用前に一度油分を洗浄してください。
※鉄への加工は錆が発生してしまうのでシリンダーヘッド・シ リンダー等の一部の鉄部分に関しては錆が発生した場合、交換や内燃機屋での加工など後処理が必要になる場合があります。
※塗装の状況によっては剥離剤を使う場合がある為、ゴム類などが使用できなくなる恐れがあります。また、ベアリング等は使用できなくなります。


ウェットブラスト料金表 [75.0KB/pdf]

加工前 加工後
加工前 加工後